喪中はがき知恵袋(喪中はがき基礎知識)

喪中はがき知恵袋

喪中について

喪中という考え方は、日本に仏教が伝来するよりも昔からある独自の文化です。
死は穢れ(けがれ)とされ、お祝い事や祭りに出ることを控えます。
特に一般的な仏式では亡くなった日から四十九日までは「忌中」とし、一般的には一周忌までの一年間を「喪中」とします。

喪中の範囲

現代では二親等まで(下図参照)、同居しているのであれば三親等までを喪中とする方が多いです。
また、三親等の場合などは友人には知らせる一方、ビジネス上のお付き合いの方には知らせずに年賀状のやり取りを続けるなど、気持ちに合わせて使い分けても良いでしょう。

親等表
本人から見た関係 続柄の表記例
0親等 夫、主人
妻、家内
1親等
(配偶者の父を含む)
父、○○の父など

(配偶者の母を含む)
母、○○の母など
子供 長男、次男、長女、次女、息子、娘など
2親等 兄弟、姉妹
(配偶者の兄弟・姉妹を
含む)
兄、姉、弟、妹、長兄、次兄、次男、末弟、長姉、次姉、次妹、末妹、○○の兄、○○の姉など
孫、孫息子、孫娘
祖父母
(配偶者の祖父母を含む)
祖父、祖母、○○の祖父、○○の祖母など
3親等 父母の兄弟、姉妹 伯父、叔父、伯母、叔母
※ 父母から見て、兄/姉の場合は伯父/伯母、弟/妹の場合は叔父/叔母
父母の兄弟・姉妹の
配偶者
伯父、叔父、伯母、叔母
※ 父母の兄・姉の配偶者が、父母よりも年下であっても伯父/伯母、弟・妹の配偶者が父母より年上であっても叔父 /叔母
兄弟、姉妹の配偶者 兄、姉、弟、妹
兄弟、姉妹の子供 甥、姪
祖父母の父母 曾祖父、曾祖母

喪中に控えるべきこと

故人を偲び、身を慎む期間のため、お祝い事(結婚式など)への出席、神社への参拝、新年のお祝い(おせちを食べる、門松を飾るなど)、遠方への旅行などは控えるべきとされています。
ただし最近では、忌中(四十九日)が明ければ、ごく親しい方の結婚式に出席する方もいます。
また、喪中は仏教の考えではありませんので、寺院への参拝は問題ありません。
寺院にはお墓があるのは、死を「穢れ」として考えないためです。
お歳暮やお中元も「お世話になった方へのお礼」ですから、問題ありません。

喪中はがきの歴史と意味

喪中はがきは、年賀状が一般に浸透してきた明治30年頃から徐々に広まったとされます。
それまではお世話になった方のお宅を一軒一軒まわって年賀のご挨拶をしていました。
このご挨拶が年賀はがきに代わったため、喪中のお知らせもはがきで行われるようになりました。
よく「年賀状が不要であることを相手に伝えるもの」という認識の人がいますが、これは間違いです。
あくまで「自分の年賀欠礼を詫びるもの」ととらえましょう。

喪中はがきの書き方

喪中はがきは「おめでとう」や「お慶び申し上げます」などお祝いの言葉を使わなければ特に決まった形式はありません。

喪中はがきの書き方

喪中はがき・寒中見舞いを送る時期

喪中はがきは一般的に年賀状の準備を始める11月中をめどに投函しましょう。
年末に亡くなった場合や出し忘れた場合には、松の内(正月飾りのある間)が明ける1月8日から立春の2月4日までの間に出す寒中見舞いを使って喪中欠礼をお詫びします。

喪中Q&A

その他、喪中に関するよくある質問は、こちらのページにも 「喪中はがき印刷について」がございますので、是非ご覧ください。

  • 喪中はがき印刷のご注文はこちら

イトーヨーカドー 年賀状印刷・喪中はがき印刷インフォメーション

年賀状印刷受付期間
12/28まで24時間受付中
WEBでのご注文は24時間受け付けております。
どうぞご利用ください。
お問い合わせ
電話:0120-132-053(10:00〜19:00)
お問い合わせフォームはこちらからどうぞ
お支払い方法
お店でお受取りの場合
印刷代・はがき代は店頭にてお支払いください。
ご自宅直送の場合
代金引換(代引手数料料金は全国一律料金:0円)
カード決済(VISA、Master、JCB、AmericanExpressをご利用いただけます)
発送について
全国一律料金:540円
配達会社はお支払い方法により異なります。

ご利用ガイドを見る